著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 原理と直観で読み解く 量子系の物理(第2版) 原理と直観で読み解く 量子系の物理(第2版)【通常商品】 素粒子から宇宙まで

    ジャンル: 物理

    原理と直観で読み解く 量子系の物理(第2版)【通常商品】

    価格:4,620円(4,200円+420円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:園田英徳(共訳)石川隆(共訳)Bogdan Povh(原著)Mitja Rosina(原著)園田英徳(共訳)石川隆(共訳)Bogdan Povh(原著)Mitja Rosina(原著)【底本発行日:2019/08/23、底本版数:2、底本刷数:1】
    素粒子,原子核,原子・分子,結晶,量子流体,天体,宇宙…
    現代物理の様々な分野の量子系を対象に,量子論の基本原理(不確定性原理と排他原理)と異なる系の間のアナロジー(類推)によって,重要な物理量を簡単な計算で見積もり,一見複雑に思える現象を理解していく.
    入門者にとっても,第一線にいる研究者にとっても,現代物理の各分野を総合的に眺め,量子系物理の学習・研究に不可欠な〈基礎〉と〈センス〉を習熟できる一冊.
    本書は,“Scattering and Structures — Essentials and Analogies in Quantum Physics 2nd ed.”(Springer, 2017)の翻訳である.

    出版社:森北出版株式会社

    販売開始日:2019年08月07日

    ISBNコード:978-4627156524

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ FIX FIX FIX FIX FIX FIX FIX
    コピー&ペーストの可能量 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    園田英徳(共訳)石川隆(共訳)Bogdan Povh(原著)Mitja Rosina(原著)【底本発行日:2019/08/23、底本版数:2、底本刷数:1】
    素粒子,原子核,原子・分子,結晶,量子流体,天体,宇宙…
    現代物理の様々な分野の量子系を対象に,量子論の基本原理(不確定性原理と排他原理)と異なる系の間のアナロジー(類推)によって,重要な物理量を簡単な計算で見積もり,一見複雑に思える現象を理解していく.
    入門者にとっても,第一線にいる研究者にとっても,現代物理の各分野を総合的に眺め,量子系物理の学習・研究に不可欠な〈基礎〉と〈センス〉を習熟できる一冊.
    本書は,“Scattering and Structures — Essentials and Analogies in Quantum Physics 2nd ed.”(Springer, 2017)の翻訳である.
    1章 光子散乱 — 構造因子
    2章 レプトン散乱 ? 原子核の半径
    3章 弾性レプトン・クォーク散乱 ? 仮想光子と仮想グルオン
    4章 水素原子 ? 量子力学の遊び場
    5章 多電子原子 ? 殻構造
    6章 共有結合とイオン結合 ? 電子の共有
    7章 分子間力 ? 複雑な構造の形成
    8章 冷中性子 ? 物性の分光学
    9章 量子気体 ? 量子縮退
    10章 量子液体 ? 超流動
    11章 金属 — 準自由電子
    12章 ハドロン — 強い相互作用の原子
    13章 核力 — パイ中間子の共有
    14章 原子核 — フェルミ液体の滴
    15章 恒星,惑星,小惑星
    16章 素粒子 — 素過程
    17章 宇宙論 — 初期宇宙

    「園田英徳(共訳)」の最新タイトル

     

    ページトップへ