著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 ナーシング・グラフィカ 基礎看護学(3) 基礎看護技術 第6版第3刷(動画付き) 基礎看護学(3) 基礎看護技術 第6版第3刷(動画付き)【通常商品】

    ジャンル: 看護学

    基礎看護学(3) 基礎看護技術 第6版第3刷(動画付き)【通常商品】

    価格:3,960円(3,600円+360円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:編集 志自岐 康子編集 松尾 ミヨ子編集 習田 明裕編集 金 壽子編集 志自岐 康子編集 松尾 ミヨ子編集 習田 明裕編集 金 壽子【底本発行日:2019/01/15、底本版数:6、底本刷数:3】
    すべての看護の基礎となる技術を、カラー図版を豊富に用いて具体的かつ視覚的に解説しています。
    看護実践能力を育成するうえで重要な「看護ケア基盤形成の方法」と「看護基礎技術」を基本から学びます。
    技術を支えるエビデンスを示し、科学的根拠に裏付けられた看護技術を学習できるようにしています。
    具体例を通して、個別性を考慮した安全かつ必要な援助をアセスメントし、実践する視点を養います。
    「何のために」「なぜそうするのか」「留意すべきこと」「援助のポイント」を確認しながら学びます。

    出版社:メディカ出版

    販売開始日:2019年03月01日

    ISBNコード:978-4840457958

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ FIX FIX FIX FIX FIX FIX FIX
    コピー&ペーストの可能量 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    編集 志自岐 康子編集 松尾 ミヨ子編集 習田 明裕編集 金 壽子【底本発行日:2019/01/15、底本版数:6、底本刷数:3】
    すべての看護の基礎となる技術を、カラー図版を豊富に用いて具体的かつ視覚的に解説しています。
    看護実践能力を育成するうえで重要な「看護ケア基盤形成の方法」と「看護基礎技術」を基本から学びます。
    技術を支えるエビデンスを示し、科学的根拠に裏付けられた看護技術を学習できるようにしています。
    具体例を通して、個別性を考慮した安全かつ必要な援助をアセスメントし、実践する視点を養います。
    「何のために」「なぜそうするのか」「留意すべきこと」「援助のポイント」を確認しながら学びます。
    1 看護技術とは何か
    2 人間関係を成立・発展させるための技術
    3 健康学習を支援し成長を促す技術
    4 生命の徴候を観察する技術
    5 快適な環境をつくる技術
    6 感染予防を推進する技術
    7 安全を守る技術
    8 効率的で安楽な動きをつくり出す技術
    9 看護を展開する技術
    10 活動・運動を支援する技術
    11 休息・睡眠を促す技術
    12 身体の清潔を援助する技術
    13 食事・栄養摂取を促す技術
    14 排泄を促す技術
    15 呼吸を楽にする技術
    16 体温を調節する技術
    17 安楽かつ快適さを確保する技術
    18 検査・治療を安全かつ正確に行う技術
    19 与薬・輸血を安全かつ正確に行う技術
    20 皮膚・創傷を管理する技術
    21 救急救命処置を行う技術
    22 危篤・終末時における技術

    ページトップへ