著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 ナーシング・グラフィカ 看護の統合と実践(3) 災害看護 第4版第3刷(動画付き) 看護の統合と実践(3) 災害看護 第4版第3刷(動画付き)【通常商品】

    ジャンル: 看護学

    看護の統合と実践(3) 災害看護 第4版第3刷(動画付き)【通常商品】

    価格:3,080円(2,800円+280円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:編集 酒井 明子編集 長田 恵子編集 三澤 寿美編集 酒井 明子編集 長田 恵子編集 三澤 寿美【底本発行日:2019/01/15、底本版数:4、底本刷数:3】
    「災害看護は看護の原点である」をテーマに、被災地での看護活動に多数参画する筆者らが、災害看護において大切なこと、学んでほしいことを丁寧に解説しています。
    高齢者や子ども、妊産褥婦、障害者に加え、がんや糖尿病、呼吸機能障害など、継続的な治療を必要とする要配慮者に対する看護を幅広く網羅。より具体的な看護とケアが学べる紙面構成に生まれ変わりました。
    「DMAT」「DPAT」「DMORT」「ブリーフィング」など、災害時によく耳にする用語はPlusαで簡潔に解説しました。ポイントを絞った覚えやすい内容としています。
    「心のケア」については被災者に対するケアだけでなく、支援者に対するケアも深く掘り下げています。支援者が陥りやすい心理状態を知っていれば、臨床現場でも必ず役立ちます。
    グローバルな視点を育むため、10章では災害を「国際看護」の視点から見つめています。2020年東京オリンピック・パラリンピックを見据え、地球をフィールドとした看護活動から、日本国内での外国人患者への対応まで、これからの日本の医療を予見させる内容になっています。

    出版社:メディカ出版

    販売開始日:2019年03月01日

    ISBNコード:978-4840457972

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ FIX FIX FIX FIX FIX FIX FIX
    コピー&ペーストの可能量 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    編集 酒井 明子編集 長田 恵子編集 三澤 寿美【底本発行日:2019/01/15、底本版数:4、底本刷数:3】
    「災害看護は看護の原点である」をテーマに、被災地での看護活動に多数参画する筆者らが、災害看護において大切なこと、学んでほしいことを丁寧に解説しています。
    高齢者や子ども、妊産褥婦、障害者に加え、がんや糖尿病、呼吸機能障害など、継続的な治療を必要とする要配慮者に対する看護を幅広く網羅。より具体的な看護とケアが学べる紙面構成に生まれ変わりました。
    「DMAT」「DPAT」「DMORT」「ブリーフィング」など、災害時によく耳にする用語はPlusαで簡潔に解説しました。ポイントを絞った覚えやすい内容としています。
    「心のケア」については被災者に対するケアだけでなく、支援者に対するケアも深く掘り下げています。支援者が陥りやすい心理状態を知っていれば、臨床現場でも必ず役立ちます。
    グローバルな視点を育むため、10章では災害を「国際看護」の視点から見つめています。2020年東京オリンピック・パラリンピックを見据え、地球をフィールドとした看護活動から、日本国内での外国人患者への対応まで、これからの日本の医療を予見させる内容になっています。
    1 災害看護とは
    2 災害の種類と災害サイクル
    3 災害医療に関する国の政策と法律
    4 危機管理:減災・防災マネジメント
    5 配慮を必要とする人への支援と看護
    6 被災者と支援者の心理の理解と援助
    7 災害初期から中長期における看護活動
    8 災害時に必要な医療・看護技術
    9 災害看護教育と研究
    10 災害看護と国際看護

    ページトップへ