著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 叢書インテグラーレ タバコ広告でたどるアメリカ喫煙論争 タバコ広告でたどるアメリカ喫煙論争【通常商品】

    ジャンル: 経済 ビジネス

    タバコ広告でたどるアメリカ喫煙論争【通常商品】

    価格:2,052円(1,900円+152円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:広島大学大学院総合科学研究科 編岡本 勝 著広島大学大学院総合科学研究科 編岡本 勝 著【底本発行日:2017/12/25】
    2020年の東京オリンピックを前に、飲食店での受動喫煙対策の議論が行われているタバコ。結論が先送りにされているこの議論のポイントは、「経済問題として捉えるべきか、健康問題として捉えるべきかである」と著者は述べています。本書では、アメリカの経済を植民地時代から支えてきた葉タバコの生産とその加工品の嗜好の是非が、時代の流れと共に否定的に傾いていく様子と、産業として根強いタバコ業界との論争「アメリカタバコ戦争」を、当時の広告から読み解き、タバコをめぐるアメリカ社会の軌跡をたどっています。紙巻きタバコ流行のきっかけとなった第一次世界大戦を含む、19世紀終盤から21世紀の現代に至るまでを取り上げています。大衆消費社会の象徴となったタバコは様々な「広告」によって市場が活気づけられてきましたが、健康問題が指摘され批判が高まってからはスポーツ選手や医者を使った広告で健康をアピールし、広告は「商品宣伝」から「意見広告」へと姿を変えてきました。 健康志向・未成年喫煙の反対など社会的な要請とタバコ産業の共存は、電子タバコの普及と喫煙の制限を声高にうたう現代社会の様相を改めて考える契機にもなるといえるでしょう。

    出版社:丸善出版

    販売開始日:2018年03月14日

    ISBNコード:978-4621302323

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ FIX FIX FIX FIX FIX FIX FIX
    コピー&ペーストの可能量 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    広島大学大学院総合科学研究科 編岡本 勝 著【底本発行日:2017/12/25】
    2020年の東京オリンピックを前に、飲食店での受動喫煙対策の議論が行われているタバコ。結論が先送りにされているこの議論のポイントは、「経済問題として捉えるべきか、健康問題として捉えるべきかである」と著者は述べています。本書では、アメリカの経済を植民地時代から支えてきた葉タバコの生産とその加工品の嗜好の是非が、時代の流れと共に否定的に傾いていく様子と、産業として根強いタバコ業界との論争「アメリカタバコ戦争」を、当時の広告から読み解き、タバコをめぐるアメリカ社会の軌跡をたどっています。紙巻きタバコ流行のきっかけとなった第一次世界大戦を含む、19世紀終盤から21世紀の現代に至るまでを取り上げています。大衆消費社会の象徴となったタバコは様々な「広告」によって市場が活気づけられてきましたが、健康問題が指摘され批判が高まってからはスポーツ選手や医者を使った広告で健康をアピールし、広告は「商品宣伝」から「意見広告」へと姿を変えてきました。 健康志向・未成年喫煙の反対など社会的な要請とタバコ産業の共存は、電子タバコの普及と喫煙の制限を声高にうたう現代社会の様相を改めて考える契機にもなるといえるでしょう。
    プロローグ/第一章 初期タバコ広告/第二章 紙巻きタバコの流行と時代背景/第三章 健康をアピールする「証言広告」/第四章 タバコ不健康説と「マルボロ広告」/第五章 受動喫煙に関する意見広告/第六章 未成年者の喫煙に関する意見広告/エピローグ

    「広島大学大学院総合科学研究科 編」の最新タイトル

    「叢書インテグラーレ」の最新タイトル

     

    ページトップへ