著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    出版月報2019年11月号

    ジャンル: 総記 工学一般 文学総記

    出版月報2019年11月号

    価格:2,200円(2,000円+200円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:編集:全国出版協会編集:出版科学研究所編集:全国出版協会編集:出版科学研究所注目される出版ジャンルやテーマを取り上げる特集と月次の出版統計を中心に、毎月出版市場の動向をレポートする業界唯一の専門情報誌。今月号の特集は「図書館と出版の今を考える」

    ●「図書館と出版の今を考える」 
    出版社にとって図書館は大事な存在
    求められるのは両者の協働
     出版社にとって、図書館はどのような存在なのか。文芸書出版社では、2000 年頃から議論が続く複本問題を契機とした「無料貸本屋」論争など、何かと対立構図がクローズアップされている。一方、児童書や学術書の専門出版社にとって、図書館は自社の出版活動を維持するうえで欠かせない存在だ。
     いわば図書館は自社の本を買ってくれるお得意様であると同時に、図書館の貸出によって自社の本が売れなくなる可能性を持った、二面性のある存在と言える。したがって出版社の図書館に対する考えは、文芸書、実用書、専門書など刊行ジャンルによって、大きく異なる。
     今月号の特集では、図書館の現状とその役割を整理するとともに、出版社の立場、図書館の立場それぞれから「図書館」の在り方を考えてみたい。
    ● 出版傾向
    書籍・雑誌の最新トレンドを解説
    ● 書籍の分野別売れ行き良好書リストと売れ筋のポイント
    単行本総合、文芸書、ノンフィクション・読み物、ビジネス書、文庫、社会、新書ノベルズ、新書ノンフィクション、理工、コンピュータ書、趣味・実用書、絵本(創作)を掲載
    ● Books Radar
    書籍分野のトピックスと新刊情報
    ● Magazine Radar
    新雑誌の売れ行き動向を分析
    ● Magazine & Multimedia Information
    創・休刊誌一覧、雑誌・マルチメディア商品の新企画情報、ムック売れ行き良好書リストと解説
    ● Comics Ranking
    コミックスの売れ行き良好書リストと解説
    ● 電子出版
    電子コミック・電子書籍の売れ行き良好書リストと解説、ニュース&トピックスを紹介
    ● News File
    出版業界の出来事をダイジェストで紹介
    ● 出版統計
    月次の推定販売額・返品率、書籍・雑誌の分野別統計(新刊点数・発行部数・発行金額・平均価格)など
    (月刊、平均52頁、毎月25日発行)

    出版社:出版科学研究所

    販売開始日:2019年11月26日

     

    本商品は「一般書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ EPUB EPUB EPUB EPUB EPUB EPUB
    ファイルサイズ 51.0MB 51.0MB 51.0MB 51.0MB 51.0MB 51.0MB

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて
    ダウンロード期限について
    ※ダウンロード期限の表示があるコンテンツについては、ダウンロード期間内であれば、何回でもダウンロードできます。なお、ダウンロード期限を過ぎても、端末にダウンロード済みの本は引き続きお読み頂けます。
    ※ダウンロード期限の表示がないコンテンツについては、一度購入いただきますと、無期限で再ダウンロード、または端末での閲覧が可能です。

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    編集:全国出版協会編集:出版科学研究所注目される出版ジャンルやテーマを取り上げる特集と月次の出版統計を中心に、毎月出版市場の動向をレポートする業界唯一の専門情報誌。今月号の特集は「図書館と出版の今を考える」

    ●「図書館と出版の今を考える」 
    出版社にとって図書館は大事な存在
    求められるのは両者の協働
     出版社にとって、図書館はどのような存在なのか。文芸書出版社では、2000 年頃から議論が続く複本問題を契機とした「無料貸本屋」論争など、何かと対立構図がクローズアップされている。一方、児童書や学術書の専門出版社にとって、図書館は自社の出版活動を維持するうえで欠かせない存在だ。
     いわば図書館は自社の本を買ってくれるお得意様であると同時に、図書館の貸出によって自社の本が売れなくなる可能性を持った、二面性のある存在と言える。したがって出版社の図書館に対する考えは、文芸書、実用書、専門書など刊行ジャンルによって、大きく異なる。
     今月号の特集では、図書館の現状とその役割を整理するとともに、出版社の立場、図書館の立場それぞれから「図書館」の在り方を考えてみたい。
    ● 出版傾向
    書籍・雑誌の最新トレンドを解説
    ● 書籍の分野別売れ行き良好書リストと売れ筋のポイント
    単行本総合、文芸書、ノンフィクション・読み物、ビジネス書、文庫、社会、新書ノベルズ、新書ノンフィクション、理工、コンピュータ書、趣味・実用書、絵本(創作)を掲載
    ● Books Radar
    書籍分野のトピックスと新刊情報
    ● Magazine Radar
    新雑誌の売れ行き動向を分析
    ● Magazine & Multimedia Information
    創・休刊誌一覧、雑誌・マルチメディア商品の新企画情報、ムック売れ行き良好書リストと解説
    ● Comics Ranking
    コミックスの売れ行き良好書リストと解説
    ● 電子出版
    電子コミック・電子書籍の売れ行き良好書リストと解説、ニュース&トピックスを紹介
    ● News File
    出版業界の出来事をダイジェストで紹介
    ● 出版統計
    月次の推定販売額・返品率、書籍・雑誌の分野別統計(新刊点数・発行部数・発行金額・平均価格)など
    (月刊、平均52頁、毎月25日発行)
    特集<page:4>
    出版傾向<page:12>
    売れ行き良好書<page:14>
    Books Radar<page:20>
    Magazine Radar<page:22>
    Magazine & Multimedia Information<page:24>
    Comics Ranking<page:27>
    電子出版<page:28>
    News File<page:30>
    出版統計<page:32>
    第13回高橋松之助記念大賞贈呈式<page:48>
    刊行物のご案内<page:49>

    ページトップへ