著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 メンタルモデル メンタルモデル【通常商品】

    ジャンル: 専門書 コンピュータサイエンス 絵画・写真・デザイン

    メンタルモデル【通常商品】

    価格:2,640円(2,400円+240円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:Indi Young田村 大 監訳Indi Young田村 大 監訳【底本発行日:2014/01/30】
    UXや人間中心設計(Human-CenteredDesign)、サービスデザインなど、ウェブやソフトウェアの開発などの比較的新しいデザイン領域は総じて生活者への共感をめぐる試行錯誤の積み重ねのうえにあります。生活者に共感し、次のアクションにつながる形でそれを表現する、リサーチやデータ分析、可視化の手法が次々と編み出されてきましたが、ユーザーとの深いレベルの共感に達し、同時にそれを製品・サービスのコンセプト立案へ有効に橋渡しする決定打はなかなか見つかりませんでした。 本書は、従来、一部のリサーチャーやデザイナー達によって職人芸的に行われていたこの手法のプロセスを明らかにするもので、人々の日常行動に対する深い理解と共感に軸足を置き、フィールド調査やインタビュー調査などによって得られる膨大な定性情報の整理・分析と、そこから得られたインサイトをデザイン戦略に落としこむための方法論を、調査対象者の選定方法やインタビューテクニックまでもあわせて詳解した名著として、海外のUX デザイナーに愛読されています。

    出版社:丸善出版

    販売開始日:2018年04月01日

    ISBNコード:978-4621088067

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ FIX FIX FIX FIX FIX FIX FIX
    コピー&ペーストの可能量 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    Indi Young田村 大 監訳【底本発行日:2014/01/30】
    UXや人間中心設計(Human-CenteredDesign)、サービスデザインなど、ウェブやソフトウェアの開発などの比較的新しいデザイン領域は総じて生活者への共感をめぐる試行錯誤の積み重ねのうえにあります。生活者に共感し、次のアクションにつながる形でそれを表現する、リサーチやデータ分析、可視化の手法が次々と編み出されてきましたが、ユーザーとの深いレベルの共感に達し、同時にそれを製品・サービスのコンセプト立案へ有効に橋渡しする決定打はなかなか見つかりませんでした。 本書は、従来、一部のリサーチャーやデザイナー達によって職人芸的に行われていたこの手法のプロセスを明らかにするもので、人々の日常行動に対する深い理解と共感に軸足を置き、フィールド調査やインタビュー調査などによって得られる膨大な定性情報の整理・分析と、そこから得られたインサイトをデザイン戦略に落としこむための方法論を、調査対象者の選定方法やインタビューテクニックまでもあわせて詳解した名著として、海外のUX デザイナーに愛読されています。
    セクション1 何、なぜ、いつ、そして誰?/ 1章 メンタルモデルとは何か?なぜつくるのか?/ 2章 いつ使う?メンタルモデルを仕事に活用/ 3章 メンタルモデルをつくるチームに誰が参加するか? /セクション2 方法/ 4章 タスクにもとづいた対象者セグメントの定義/ 5章 調査参加者をリクルーティングする/ 6章 インタビューのスコープを決める/ 7章 インタビューの参加者/ 8章 発話録を分析する/ 9章 パターンを探す/ 10章 メンタルモデルをつくる/ 11章 対象者セグメントを最適化する/セクション3 アプリケーション/ 12章 メンタルモデルにコンテンツを配置する/ 13章 サイト構造を導きだす/索引

    「Indi Young」の最新タイトル

     

    ページトップへ