著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 「地球温暖化」神話 「地球温暖化」神話【通常商品】 終わりの始まり

    ジャンル: 専門書 環境・エコロジー 科学一般

    「地球温暖化」神話【通常商品】

    価格:1,944円(1,800円+144円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:渡辺 正 著渡辺 正 著【底本発行日:2012/05/10】
    二酸化炭素(CO2)の排出を減らして「地球温暖化」を防ごう・・・・そんな触れこみの京都議定書が発効したのは2005年の2月です。では、この6年余りに、CO2対策にお金(と時間・労力)をいくら使い、どんな成果をあげたのでしょう? 財政危機が叫ばれるなか、わが国だけで官民合せ20兆円、世界では100兆と推定されます。しかし、これらの巨費でCO2はまったく減りませんでしたし、地球を0.001℃も冷やしませんでした。 本書「「地球温暖化」神話 -終わりの始まり-」は、地球温暖化の実態を国際機関、大学のデータベース学術論文などに基づいて論じています。果たして、CO2削減は必要なのか、CO2の増加は環境の悪化を招くのか、削減のために投じてきた巨費は妥当なのか? 本書を読んで、ご自身でご判断いただくことを願います。

    出版社:丸善出版

    販売開始日:2018年04月01日

    ISBNコード:978-4621085172

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ FIX FIX FIX FIX FIX FIX FIX
    コピー&ペーストの可能量 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    渡辺 正 著【底本発行日:2012/05/10】
    二酸化炭素(CO2)の排出を減らして「地球温暖化」を防ごう・・・・そんな触れこみの京都議定書が発効したのは2005年の2月です。では、この6年余りに、CO2対策にお金(と時間・労力)をいくら使い、どんな成果をあげたのでしょう? 財政危機が叫ばれるなか、わが国だけで官民合せ20兆円、世界では100兆と推定されます。しかし、これらの巨費でCO2はまったく減りませんでしたし、地球を0.001℃も冷やしませんでした。 本書「「地球温暖化」神話 -終わりの始まり-」は、地球温暖化の実態を国際機関、大学のデータベース学術論文などに基づいて論じています。果たして、CO2削減は必要なのか、CO2の増加は環境の悪化を招くのか、削減のために投じてきた巨費は妥当なのか? 本書を読んで、ご自身でご判断いただくことを願います。
    1章 CO2の調書(1)--悪い噂/2章 CO2の調書(2)--善行録/3章 「地球」温暖化?/4章 CO2の「温暖化力」/5章 つくられた「地球の異変」/6章 繰り返す気温変動/7章 激震--クライメートゲート事件/8章 「IPCCは解体せよ」/9章 CO2削減という集団催眠/10章 再生可能

    「渡辺 正 著」の最新タイトル

     

    ページトップへ