著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 シリーズ生命倫理学5 安楽死・尊厳死 シリーズ生命倫理学5 安楽死・尊厳死【通常商品】

    ジャンル: 専門書 哲学・思想 医学

    シリーズ生命倫理学5 安楽死・尊厳死【通常商品】

    価格:6,380円(5,800円+580円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:シリーズ生命倫理学編集委員会 編甲斐克則 責任編集谷田憲俊 責任編集シリーズ生命倫理学編集委員会 編甲斐克則 責任編集谷田憲俊 責任編集【底本発行日:2012/11/30】
    哲学的な視点から、またキリスト教、仏教の視点から生命を考える総説的考察に続いて、日本をはじめ、欧米と近隣国の安楽死と尊厳死をめぐる各国の事情、運動、判決事例、法律案を紹介、日本のガイドラインを詳述する。 本巻は、安楽死論の要となる「個人の自由の尊重」と「安楽死合法化が社会にもたらす望ましくない影響の排除」という二つの価値のせめぎあいについて、またキリスト教の視点から、患者と彼を支える者との関係性に重点を置いた安楽死に対する考察、またホスピス活動を仏教のあゆみに重ねる視点からの論考など、安楽死・尊厳死をめぐる課題を総説的に示す一方、欧米・近隣国の安楽死・尊厳死をめぐる事情や、日本の尊厳死容認運動と終末期の延命措置中止に関する法律案の紹介、さらに安楽死は処罰されるべきかの議論を、安楽死事例判決を読み解きながら考察する。 安楽死・尊厳死を考えるうえで大切な視点として、患者や患者を支える家族に対する適正な生命倫理、医療倫理を踏まえた対応を医療界に提示している。日本生命倫理会の問題状況を医療の現場から描くとともに、「救急医療における終末期医療に関する提言(ガイドライン)」を詳述して「人工延命治療の差控えと中止の過剰なまでの区別による弊害」から生じる机上の空論からの脱却を示唆する。

    出版社:丸善出版

    販売開始日:2018年04月01日

    ISBNコード:978-4621084823

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ FIX FIX FIX FIX FIX FIX FIX
    コピー&ペーストの可能量 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    シリーズ生命倫理学編集委員会 編甲斐克則 責任編集谷田憲俊 責任編集【底本発行日:2012/11/30】
    哲学的な視点から、またキリスト教、仏教の視点から生命を考える総説的考察に続いて、日本をはじめ、欧米と近隣国の安楽死と尊厳死をめぐる各国の事情、運動、判決事例、法律案を紹介、日本のガイドラインを詳述する。 本巻は、安楽死論の要となる「個人の自由の尊重」と「安楽死合法化が社会にもたらす望ましくない影響の排除」という二つの価値のせめぎあいについて、またキリスト教の視点から、患者と彼を支える者との関係性に重点を置いた安楽死に対する考察、またホスピス活動を仏教のあゆみに重ねる視点からの論考など、安楽死・尊厳死をめぐる課題を総説的に示す一方、欧米・近隣国の安楽死・尊厳死をめぐる事情や、日本の尊厳死容認運動と終末期の延命措置中止に関する法律案の紹介、さらに安楽死は処罰されるべきかの議論を、安楽死事例判決を読み解きながら考察する。 安楽死・尊厳死を考えるうえで大切な視点として、患者や患者を支える家族に対する適正な生命倫理、医療倫理を踏まえた対応を医療界に提示している。日本生命倫理会の問題状況を医療の現場から描くとともに、「救急医療における終末期医療に関する提言(ガイドライン)」を詳述して「人工延命治療の差控えと中止の過剰なまでの区別による弊害」から生じる机上の空論からの脱却を示唆する。
    1章 安楽死・尊厳死をめぐる生命倫理の問題状況/2章 哲学的観点からみた安楽死/3章 安楽死・尊厳死とキリスト教ーその歴史と基本思想/4章 仏教からみた安楽死・尊厳死/5章 日本における尊厳死運動ー日本尊厳死協会の立場から/6章 日本における積極的安楽死(致死薬投与型安楽死)/7章 日本における人工延命措置の差控え・中止(尊厳死)/8章 医療現場からみた人工延命措置の差控え・中止(尊厳死)/9章 医師による自殺幇助(医師介助自殺)/10章 アメリカにおける尊厳死/11章 欧州(イギリス・ドイツ・フランス)における安楽死・尊厳死/12章 オランダにおける安楽死・尊厳死 /13章 延命治療の中止に関する韓国大法院判決について/14章 中国における安楽死の動向/索引

    ページトップへ