著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 教養としての森林学【通常商品】

    ジャンル: 農林業

    教養としての森林学【通常商品】

    価格:1,836円(1,700円+136円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:日本森林学会(監修)井出雄二(編)大河内勇(編)井上真(編)日本森林学会(監修)井出雄二(編)大河内勇(編)井上真(編)【底本発行日:2014/02/20、底本版数:1、底本刷数:1】
    今、日本では、近代化と大規模化による林業のイノベーション、地域の活性化が始まっている。国際的には、地球温暖化緩和や生物多様性保全にとって必要な森林、特に熱帯降雨林をどう保全するかが議論されている。こうした中、人と森林の次の100年を考えるために、グローバルな視点で森林の全体像を俯瞰することが求められている。
    日本森林学会は創立100周年を記念し、次代を担う若手研究者中心に総力を挙げて本書を作成した。森林の歴史、森林生態系の仕組み、森林の生態系サービス、人と森林の深い関係を取り上げて、こうした課題に寄与できるように意図している。「教養として」読んでいただき、読者一人一人が人と森林の未来を考えていただければ幸いである。

    出版社:文永堂出版

    販売開始日:2015年05月25日

    ISBNコード:978-4830041273

     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ FIX FIX FIX FIX FIX FIX FIX
    コピー&ペーストの可能量 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    日本森林学会(監修)井出雄二(編)大河内勇(編)井上真(編)【底本発行日:2014/02/20、底本版数:1、底本刷数:1】
    今、日本では、近代化と大規模化による林業のイノベーション、地域の活性化が始まっている。国際的には、地球温暖化緩和や生物多様性保全にとって必要な森林、特に熱帯降雨林をどう保全するかが議論されている。こうした中、人と森林の次の100年を考えるために、グローバルな視点で森林の全体像を俯瞰することが求められている。
    日本森林学会は創立100周年を記念し、次代を担う若手研究者中心に総力を挙げて本書を作成した。森林の歴史、森林生態系の仕組み、森林の生態系サービス、人と森林の深い関係を取り上げて、こうした課題に寄与できるように意図している。「教養として」読んでいただき、読者一人一人が人と森林の未来を考えていただければ幸いである。

    「日本森林学会(監修)」の最新タイトル

     

    ページトップへ