著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    〔改正相続法対応〕Q&A 相続財産をめぐる第三者対抗要件

    ジャンル: 専門書 法律

    〔改正相続法対応〕Q&A 相続財産をめぐる第三者対抗要件

    価格:3,300円(3,000円+300円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    立ち読み

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:著/平田厚(明治大学法務研究科教授・弁護士)著/平田厚(明治大学法務研究科教授・弁護士)相続法の大改正を機に法律上の論点を整理!
    ◆相続と登記の関係性を、「法定相続分」「指定相続分」「相続放棄」「遺産分割」「遺贈」「「相続させる」旨の遺言」「遺留分」の7つの論点に分けて、実務上の取扱いと相続法改正の影響を解説しています。
    ◆各設問では「POINT」として論点をわかりやすく掲げているほか、重要な判例を整理・解説しています。

    【目次】
    第1章 相続法改正の全体像
     1−1 平成30年相続法改正のポイント
     1−2 相続法の規律構造と相続法改正
     1−3 相続法改正の経緯
    第2章 相続と登記の考え方
     2−1 意思主義と対抗要件主義
     2−2 物権変動に関する2つの大審院判決
     2−3 相続法改正の基本的な考え方
    第3章 不動産登記法上の取扱い
     3−1 不動産登記法の原則
     3−2 相続の登記実務
     3−3 物権的請求権と登記の関係
     3−4 債権者代位権に基づく登記手続請求訴訟
    第4章 法定相続分と登記
     4−1 共同相続と遺産共有の考え方
     4−2 法定相続分と移転登記が問題となった事例
     4−3 相続法改正の基本的な考え方
    第5章 指定相続分と登記
     5−1 指定相続分と移転登記が問題となった事例
     5−2 指定相続分と差押えが問題となった事例
     5−3 相続法改正の基本的な考え方
    第6章 相続放棄と登記
     6−1 相続放棄の法的性質
     6−2 相続放棄と共有持分の処分
     6−3 相続放棄と差押えが問題となった事例
     6−4 相続法改正の基本的な考え方
    第7章 遺産分割と登記
     7−1 遺産分割の法的性質
     7−2 遺産分割後の第三者の権利が問題となった事例
     7−3 相続法改正の基本的な考え方
    第8章 遺贈と登記
     8−1 遺贈の法的性質
     8−2 遺贈と相続人への差押えが問題となった事例
     8−3 遺贈と被相続人の譲渡(生前贈与)が問題となった事例
     8−4 遺贈に遺言執行者がある場合の相続人の処分が問題となった事例
     8−5 相続法改正の基本的な考え方
    第9章 「相続させる」旨の遺言と登記
     9−1 「相続させる」旨の遺言の法的性質
     9−2 「相続させる」旨の遺言と相続人の債権者による差押えが問題となった事例
     9−3 相続法改正の基本的な考え方
    第10章 遺留分と登記
     10−1 遺留分の法的性質
     10−2 遺留分減殺請求権行使の効果
     10−3 遺留分減殺請求権と登記の原則
     10−4 相続法改正の基本的な考え方

    出版社:新日本法規出版

    販売開始日:2019年05月18日

    ISBNコード:978-4788285101

     

    本商品は「一般書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ EPUB EPUB EPUB EPUB EPUB EPUB
    ファイルサイズ 7.3MB 7.3MB 7.3MB 7.3MB 7.3MB 7.3MB

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて
    ダウンロード期限について
    ※ダウンロード期限の表示があるコンテンツについては、ダウンロード期間内であれば、何回でもダウンロードできます。なお、ダウンロード期限を過ぎても、端末にダウンロード済みの本は引き続きお読み頂けます。
    ※ダウンロード期限の表示がないコンテンツについては、一度購入いただきますと、無期限で再ダウンロード、または端末での閲覧が可能です。

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    著/平田厚(明治大学法務研究科教授・弁護士)相続法の大改正を機に法律上の論点を整理!
    ◆相続と登記の関係性を、「法定相続分」「指定相続分」「相続放棄」「遺産分割」「遺贈」「「相続させる」旨の遺言」「遺留分」の7つの論点に分けて、実務上の取扱いと相続法改正の影響を解説しています。
    ◆各設問では「POINT」として論点をわかりやすく掲げているほか、重要な判例を整理・解説しています。

    【目次】
    第1章 相続法改正の全体像
     1−1 平成30年相続法改正のポイント
     1−2 相続法の規律構造と相続法改正
     1−3 相続法改正の経緯
    第2章 相続と登記の考え方
     2−1 意思主義と対抗要件主義
     2−2 物権変動に関する2つの大審院判決
     2−3 相続法改正の基本的な考え方
    第3章 不動産登記法上の取扱い
     3−1 不動産登記法の原則
     3−2 相続の登記実務
     3−3 物権的請求権と登記の関係
     3−4 債権者代位権に基づく登記手続請求訴訟
    第4章 法定相続分と登記
     4−1 共同相続と遺産共有の考え方
     4−2 法定相続分と移転登記が問題となった事例
     4−3 相続法改正の基本的な考え方
    第5章 指定相続分と登記
     5−1 指定相続分と移転登記が問題となった事例
     5−2 指定相続分と差押えが問題となった事例
     5−3 相続法改正の基本的な考え方
    第6章 相続放棄と登記
     6−1 相続放棄の法的性質
     6−2 相続放棄と共有持分の処分
     6−3 相続放棄と差押えが問題となった事例
     6−4 相続法改正の基本的な考え方
    第7章 遺産分割と登記
     7−1 遺産分割の法的性質
     7−2 遺産分割後の第三者の権利が問題となった事例
     7−3 相続法改正の基本的な考え方
    第8章 遺贈と登記
     8−1 遺贈の法的性質
     8−2 遺贈と相続人への差押えが問題となった事例
     8−3 遺贈と被相続人の譲渡(生前贈与)が問題となった事例
     8−4 遺贈に遺言執行者がある場合の相続人の処分が問題となった事例
     8−5 相続法改正の基本的な考え方
    第9章 「相続させる」旨の遺言と登記
     9−1 「相続させる」旨の遺言の法的性質
     9−2 「相続させる」旨の遺言と相続人の債権者による差押えが問題となった事例
     9−3 相続法改正の基本的な考え方
    第10章 遺留分と登記
     10−1 遺留分の法的性質
     10−2 遺留分減殺請求権行使の効果
     10−3 遺留分減殺請求権と登記の原則
     10−4 相続法改正の基本的な考え方

    ページトップへ