著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    〔改訂版〕事業承継相談対応マニュアル

    ジャンル: 専門書 法律

    〔改訂版〕事業承継相談対応マニュアル

    価格:3,996円(3,700円+296円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    立ち読み

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:編集/浅野洋(税理士)編集/浅野洋(税理士)平成29年度税制改正・経営承継円滑化法改正を反映した最新版!
    クライアントの事情に応じた事業承継を提案するために!
    ◆多様化する事業承継について、相談・受任から事業承継完了までの業務を一連の流れに沿ってわかりやすく解説しています。
    ◆事業承継の手続を、それぞれの場面ごとに【フローチャート】で示した上で、そのポイントを【ケーススタディ】や【アドバイス】【書式】を交えて解説しています。
    ◆親族内での事業承継はもちろん、近年増加している親族外への事業承継やM&Aを利用した事業承継についても詳しく取り上げています。

    【目次】
    第1章 相談・受任
     第1 相談を受ける
     第2 受任手続をする
    第2章 現状把握
     第1 会社の現状を把握する
     第2 経営者個人の現状を把握する
    第3章 方針の決定
     第1 後継者・承継方法を検討する
     第2 事業承継計画を作成する
    第4章 親族内承継
     第1 事業承継へ向けた環境を整備する
     第2 株式の分散を防止する
     第3 納税対策を行う
     第4 遺留分の検討をする
     第5 株式・財産を後継者に承継させる
     第6 代表権を後継者に承継させる
    第5章 親族外承継
     第1 事業承継へ向けた環境を整備する
     第2 株式の分散を防止する
     第3 個人保証・担保を処理する
     第4 経営権を後継者に承継させる
     第5 代表権を親族外の後継者に承継させる
    第6章 第三者への売却(M&A)
     第1 売却先・売却方法を検討する
     第2 株式譲渡を行う
     第3 株式交換を行う
     第4 事業譲渡を行う
     第5 吸収合併を行う
     第6 会社分割を行う
    第7章 自主解散(廃業)
     第1 解散手続を行う
     第2 清算事務を行う
     第3 清算法人の申告・納税を行う
    奥付

    出版社:新日本法規出版

    販売開始日:2017年11月27日

    ISBNコード:978-4788283329

     

    本商品は「一般書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ EPUB EPUB EPUB EPUB EPUB EPUB
    ファイルサイズ 36.3MB 36.3MB 36.3MB 36.3MB 36.3MB 36.3MB

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて
    ※ダウンロード期限の表示があるコンテンツについては、ダウンロード期間内であれば、何回でもダウンロードできます。なお、ダウンロード期限を過ぎても、端末にダウンロード済みの本は引き続きお読み頂けます。
    ※ダウンロード期限の表示がないコンテンツについては、一度購入いただきますと、無期限で再ダウンロード、または端末での閲覧が可能です。

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    編集/浅野洋(税理士)平成29年度税制改正・経営承継円滑化法改正を反映した最新版!
    クライアントの事情に応じた事業承継を提案するために!
    ◆多様化する事業承継について、相談・受任から事業承継完了までの業務を一連の流れに沿ってわかりやすく解説しています。
    ◆事業承継の手続を、それぞれの場面ごとに【フローチャート】で示した上で、そのポイントを【ケーススタディ】や【アドバイス】【書式】を交えて解説しています。
    ◆親族内での事業承継はもちろん、近年増加している親族外への事業承継やM&Aを利用した事業承継についても詳しく取り上げています。

    【目次】
    第1章 相談・受任
     第1 相談を受ける
     第2 受任手続をする
    第2章 現状把握
     第1 会社の現状を把握する
     第2 経営者個人の現状を把握する
    第3章 方針の決定
     第1 後継者・承継方法を検討する
     第2 事業承継計画を作成する
    第4章 親族内承継
     第1 事業承継へ向けた環境を整備する
     第2 株式の分散を防止する
     第3 納税対策を行う
     第4 遺留分の検討をする
     第5 株式・財産を後継者に承継させる
     第6 代表権を後継者に承継させる
    第5章 親族外承継
     第1 事業承継へ向けた環境を整備する
     第2 株式の分散を防止する
     第3 個人保証・担保を処理する
     第4 経営権を後継者に承継させる
     第5 代表権を親族外の後継者に承継させる
    第6章 第三者への売却(M&A)
     第1 売却先・売却方法を検討する
     第2 株式譲渡を行う
     第3 株式交換を行う
     第4 事業譲渡を行う
     第5 吸収合併を行う
     第6 会社分割を行う
    第7章 自主解散(廃業)
     第1 解散手続を行う
     第2 清算事務を行う
     第3 清算法人の申告・納税を行う
    奥付

    ページトップへ