著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    東日本大震災復興応援ブックレット

    ジャンル: 文芸・一般

    東日本大震災復興応援ブックレット

    価格:203円(185円+18円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:親子の日普及推進委員会親子の日普及推進委員会33年間にわたって、親子の写真を撮り続けてきた写真家、ブルース・オズボーンは、多大な被害をもたらした東日本大震災直後に東北各地を訪ねた。
    多くの家族と出会い、レンズ越しに見つめた数々の親子の姿。
    私たちは、被害が運んできた深い悲しみに負けないで欲しいという思いを込めて、オズボーンが撮影した写真の数々から、忘れてはならない大切なもの、私たちに力を与えてくれるもの、そして、決して風化しない真実を、今も受け止めることができる。

    2011年におこった東日本大震災のあと、いてもたってもいられない気持ちを押さえられずに、カメラを持って東北の各地に行ってきました。その時、福島で、宮城で、岩手で出会った誰もが、過酷な記憶や厳しい現状を心に包みこんで、カメラの前に立ってくれました。親子の絆、人を思いやる優しさ、まっすぐ立つ強さ。
    そこには、津波にも押し流されなかったものがたくさんあって、希望や、勇気など、かけがえのない大切なものが伝わってきました。被災地で出会ったあなたに、ありがとう。--ブルース・オズボーン

    出版社:朝日メディアインターナショナル株式会社

    販売開始日:2015年04月01日

     

    本商品は「一般書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ EPUB EPUB EPUB EPUB EPUB EPUB
    ファイルサイズ 85.4MB 85.4MB 85.4MB 85.4MB 85.4MB 85.4MB

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて
    ダウンロード期限について
    ※ダウンロード期限の表示があるコンテンツについては、ダウンロード期間内であれば、何回でもダウンロードできます。なお、ダウンロード期限を過ぎても、端末にダウンロード済みの本は引き続きお読み頂けます。
    ※ダウンロード期限の表示がないコンテンツについては、一度購入いただきますと、無期限で再ダウンロード、または端末での閲覧が可能です。

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    親子の日普及推進委員会33年間にわたって、親子の写真を撮り続けてきた写真家、ブルース・オズボーンは、多大な被害をもたらした東日本大震災直後に東北各地を訪ねた。
    多くの家族と出会い、レンズ越しに見つめた数々の親子の姿。
    私たちは、被害が運んできた深い悲しみに負けないで欲しいという思いを込めて、オズボーンが撮影した写真の数々から、忘れてはならない大切なもの、私たちに力を与えてくれるもの、そして、決して風化しない真実を、今も受け止めることができる。

    2011年におこった東日本大震災のあと、いてもたってもいられない気持ちを押さえられずに、カメラを持って東北の各地に行ってきました。その時、福島で、宮城で、岩手で出会った誰もが、過酷な記憶や厳しい現状を心に包みこんで、カメラの前に立ってくれました。親子の絆、人を思いやる優しさ、まっすぐ立つ強さ。
    そこには、津波にも押し流されなかったものがたくさんあって、希望や、勇気など、かけがえのない大切なものが伝わってきました。被災地で出会ったあなたに、ありがとう。--ブルース・オズボーン

    「親子の日普及推進委員会」の最新タイトル

     

    ページトップへ