著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    週刊東洋経済eビジネス新書 AI時代に食える仕事 食えない仕事—週刊東洋経済eビジネス新書No.308

    ジャンル: ビジネス 工学一般

    AI時代に食える仕事 食えない仕事—週刊東洋経済eビジネス新書No.308

    価格:432円(400円+32円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    立ち読み

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:週刊東洋経済編集部週刊東洋経済編集部労働人口の47%が機械に代替される ──。
    2013年、フレイ&オズボーン論文はそうした定量的予測を発表し、雇用の未来に関する議論を巻き起こした。米国では10〜20年以内に70%以上の確率で予測が実現するとしている。
    「今後AIに仕事を奪われる」。センセーショナルな定量的予測とあわせ、不安をあおるような報道も相次いだ。ただ、同論文への不十分な点が次々と指摘され、より精度の高い未来予測も発表された。アーンツ論文では「タスクベース」の変化を踏まえ、職業そのものが機械に置き換わるわけではなく、その一部のタスクが置き換わっていくとしている。こうした定量的予測を踏まえつつ、“現場の現実”に基づき、18の職業の未来を予測した。

    本誌は『週刊東洋経済』2019年4月13日号掲載の26ページ分を電子化したものです。

    出版社:東洋経済新報社

    販売開始日:2019年08月23日

    ISBNコード:978-4492921098

     

    本商品は「一般書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ EPUB EPUB EPUB EPUB EPUB EPUB
    ファイルサイズ 9.1MB 9.1MB 9.1MB 9.1MB 9.1MB 9.1MB

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて
    ※ダウンロード期限の表示があるコンテンツについては、ダウンロード期間内であれば、何回でもダウンロードできます。なお、ダウンロード期限を過ぎても、端末にダウンロード済みの本は引き続きお読み頂けます。
    ※ダウンロード期限の表示がないコンテンツについては、一度購入いただきますと、無期限で再ダウンロード、または端末での閲覧が可能です。

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    週刊東洋経済編集部労働人口の47%が機械に代替される ──。
    2013年、フレイ&オズボーン論文はそうした定量的予測を発表し、雇用の未来に関する議論を巻き起こした。米国では10〜20年以内に70%以上の確率で予測が実現するとしている。
    「今後AIに仕事を奪われる」。センセーショナルな定量的予測とあわせ、不安をあおるような報道も相次いだ。ただ、同論文への不十分な点が次々と指摘され、より精度の高い未来予測も発表された。アーンツ論文では「タスクベース」の変化を踏まえ、職業そのものが機械に置き換わるわけではなく、その一部のタスクが置き換わっていくとしている。こうした定量的予測を踏まえつつ、“現場の現実”に基づき、18の職業の未来を予測した。

    本誌は『週刊東洋経済』2019年4月13日号掲載の26ページ分を電子化したものです。
    「雇用の未来」を知るには職業ごとの検証が不可欠
    INTERVIEW より重要なのは生まれる仕事だ(マイケル・A・オズボーン)
    職業ごとのタスク変化を検証(1) ヒューマンプレミアム領域の職業
     【弁護士】 膨大なリサーチは微減
     【医師】 技術格差が広がる
     【製薬研究開発】 研究にもAI化の波
     【銀行法人営業】 融資の情報収集は残る
     【教員(小中高)】 生きる力養成にシフト
    INTERVIEW 高学歴女性が最大の打撃を受ける(岩本晃一)
    INTERVIEW 自動化の影響が現実に表れつつある(上田恵陶奈)
    職業ごとのタスク変化を検証(2) AI代替領域の職業
     【銀行窓口係】 窓口業務は激減へ
     【不動産仲介営業】 地元密着の価値は不変
     【会計事務員】 自動化進む主計業務
     【行政事務員】 住民サービスに回帰
    AI化に逆風吹かす「アナログ慣習」の行方
    職業ごとのタスク変化を検証(3) フィジカルメリット領域の職業
     【コンビニ店員】 レジ業務が激減
     【建設業】 3K脱却なるか
     【ケアマネジャー】 感情労働が増える
     【警備員】 巡回から遠隔監視へ
    米国に迫る“自動化失業”の嵐
    新たに生まれる仕事の共通点
    職業ごとのタスク変化を検証(4) ロボットパワー領域の職業
     【鉄道運転士】 減るのはむしろ車掌
     【ホテルスタッフ】 自動化進め接客拡充
     【外食接客】 カフェでは完全自動化も
     【食品製造】 盛り付けは自動化困難
     【タクシー運転手】 自動運転で仕事変貌
    GAFA勢の軍門に下らないキャリア構築術

    ページトップへ