著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    岩波ジュニア新書 農は過去と未来をつなぐ−田んぼから考えたこと

    ジャンル: 農学

    農は過去と未来をつなぐ−田んぼから考えたこと

    価格:907円(840円+67円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    立ち読み

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:宇根豊著宇根豊著イネを植えるのに,なぜ田植えって言うんだろう? 田んぼの生き物を数えてみたら,5700種もいることがわかった.田んぼはイネを育てるだけでなく,多くの生き物を育てているようだ.環境稲作を提唱してきた著者が,生産者減少や食料自給などの問題を考えながら,「農」が本来もっている価値を一つ一つ拾いあげていく.

    出版社:岩波書店

    販売開始日:2019年04月18日

    ISBNコード:978-4005006625

     

    本商品は「一般書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ XMDF XMDF XMDF XMDF XMDF XMDF
    ファイルサイズ 10.3MB 10.3MB 10.3MB 10.3MB 10.3MB 10.3MB
    ダウンロード期間 ※ 365日 365日 365日 365日 365日 365日

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて
    ※ダウンロード期限の表示があるコンテンツについては、ダウンロード期間内であれば、何回でもダウンロードできます。なお、ダウンロード期限を過ぎても、端末にダウンロード済みの本は引き続きお読み頂けます。
    ※ダウンロード期限の表示がないコンテンツについては、一度購入いただきますと、無期限で再ダウンロード、または端末での閲覧が可能です。

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    宇根豊著イネを植えるのに,なぜ田植えって言うんだろう? 田んぼの生き物を数えてみたら,5700種もいることがわかった.田んぼはイネを育てるだけでなく,多くの生き物を育てているようだ.環境稲作を提唱してきた著者が,生産者減少や食料自給などの問題を考えながら,「農」が本来もっている価値を一つ一つ拾いあげていく.
    目  次
       はじめに

     1章 私の田んぼの四季と仕事

     2章 子どもたちの発見

     3章 田んぼの生きもの調査

     4章 自給するのは食べものだけじゃない

     5章 農の価値を考えてみよう

     6章 「日本農業」という見方

     7章 農は過去と未来をつなぐ

     8章 風景をとらえてみよう
       おわりに

    ページトップへ