著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 人間知能と人工知能 あるAI研究者の知能論 人間知能と人工知能 あるAI研究者の知能論【通常商品】

    ジャンル: コンピュータサイエンス

    人間知能と人工知能 あるAI研究者の知能論【通常商品】

    価格:2,750円(2,500円+250円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:大須賀 節雄 著大須賀 節雄 著【底本発行日:2020/04/02、底本刷数:1】
    人工知能に向けて、人間知能のメカニズム解明
     現在は、人工知能ブームであり、機械学習・進化学習が花盛りです。本書は、生物は進化のなかでどのように知能を発展させてきたか、そして人工知能はどういうものであるかについて、著者の長年の研究にもとづいた最新の成果をまとめたものです。
     コンピュータですぐに実践できるといった派手さのない書籍ですが、人工知能と言われるものが増えていくと考えられる現在、自分たち人間の知能がいったいなんであるかを認識しておくことは大切なことです。

    出版社:オーム社

    販売開始日:2020年04月02日

    ISBNコード:978-4274225321

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ FIX FIX FIX FIX FIX FIX FIX
    コピー&ペーストの可能量 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    大須賀 節雄 著【底本発行日:2020/04/02、底本刷数:1】
    人工知能に向けて、人間知能のメカニズム解明
     現在は、人工知能ブームであり、機械学習・進化学習が花盛りです。本書は、生物は進化のなかでどのように知能を発展させてきたか、そして人工知能はどういうものであるかについて、著者の長年の研究にもとづいた最新の成果をまとめたものです。
     コンピュータですぐに実践できるといった派手さのない書籍ですが、人工知能と言われるものが増えていくと考えられる現在、自分たち人間の知能がいったいなんであるかを認識しておくことは大切なことです。
    まえがき

    第1章 知能とは何か
    1.1 知能の構造
    1.2 知能構造の進化
    1.3 知能への期待
    1.4 外界との関わり
    1.5 知能化メカニズムの諸様相
    1.6 知能をつくる細胞組織

    第2章 生命の時代[知能化メカニズムの基盤=生命構造]
    2.1 生命構造の各部機能
    2.2 教師あり学習─制御学習

    第3章 記号化の時代[知能化メカニズムの基盤=原生言語]
    3.1 記号化の始まり
    3.2 形態素表現への進化
    3.3 生命構造の機能拡大─複文の生成
    3.4 文化継承としての知能深化

    第4章 論理の時代[知能化メカニズムの基盤=意味言語]
    4.1 意味言語への進化
    4.2 意味言語の基本形式
    4.3 ニューラルネットワークによる遷移知および推論の実現
    4.4 遷移知の源
    4.5 知能活動の原型─規格型の問題解決
    4.6 物語生成と表現能力
    4.7 意味言語ベースの知能化メカニズム

    第5章 知能進化の新たな段階[問題の多様な現れ方]
    5.1 知能活動の高度化の例
    5.2 高度化問題へのアプローチ
    5.3 統合知能論

    むすび
    参考文献
    索  引

    ページトップへ