著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 論究ジュリスト 論究ジュリスト2019年秋号 論究ジュリスト2019年秋号【通常商品】

    ジャンル: 法律

    論究ジュリスト2019年秋号【通常商品】

    価格:3,034円(2,759円+275円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:有斐閣(編集)有斐閣(編集)【底本発行日:2019/11/11】
    2019年は,司法制度改革の開始から20年,さらに,裁判員制度の開始から10年の節目の年に当たる。本特集では,これを契機として,司法制度改革および裁判員制度のこれまでの歩みを振りかえるとともに,その課題やこれからの展望を考察する。

    出版社:有斐閣

    販売開始日:2019年11月22日

    ISBNコード:978-4641213319

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ FIX FIX FIX FIX FIX FIX FIX
    コピー&ペーストの可能量 20% 20% 20% 20% 20% 20% 20%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    有斐閣(編集)【底本発行日:2019/11/11】
    2019年は,司法制度改革の開始から20年,さらに,裁判員制度の開始から10年の節目の年に当たる。本特集では,これを契機として,司法制度改革および裁判員制度のこれまでの歩みを振りかえるとともに,その課題やこれからの展望を考察する。
    【特集】司法制度改革20年・裁判員制度10年
    1 改革20年の軌跡と展望
    〔座談会〕司法制度とその担い手…山本和彦・大坪和敏・大貫裕之・酒井圭・中川丈久
    民事司法−−執行・ADR・人訴・家事…山田文
    労働事件…山川隆一
    知的財産関係訴訟…茶園成樹
    民事司法アクセス…石田京子
    司法制度改革20年に寄せて…佐藤幸治/久保井一匡/但木敬一/寺田逸郎
    2 裁判員制度と刑事司法改革
    〔座談会〕裁判員制度10年──その成果と課題…大澤裕・岡慎一・小池信太郎・笹倉宏紀・島田一・西谷隆
    取調べの録音・録画記録媒体の証拠としての使用…小川佳樹
    争点整理と証拠開示…宇藤崇
    証拠の整理・採否…池田公博
    控訴審の審査…川出敏裕
    刑事司法改革と裁判員事件の運用──裁判の立場から…長瀬敬昭
    刑事司法制度改革の中核をなす裁判員裁判の現状と課題──検察官の立場から…和田澄男
    刑事司法改革の軌跡と展望──弁護の立場から…宮村啓太

    【連載】
    AIと社会と法──パラダイムシフトは起きるか?…宍戸常寿ほか
    リーガル・ラディカリズム…瀧川裕英/大西楠・テア/馬場健一

    〔判例詳解〕知財高判令和元・6・7…田村善之

    ページトップへ