著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 ジュリスト ジュリスト2019年10月号 ジュリスト2019年10月号【通常商品】

    ジャンル: 法律 ビジネス書

    ジュリスト2019年10月号【通常商品】

    価格:1,568円(1,426円+142円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:有斐閣(編集)有斐閣(編集)【特集】中国知財法のダイナミズム
    特集にあたって●小泉直樹
    中国知財訴訟の現状と課題●分部悠介●本橋たえ子
    専利法の改正状況●本間友孝
    中国における標準必須特許の差止め問題●Gu Xin
    改正中国商標法と今後の展望●岩井智子
    中国の知財権保護・技術移転と米国通商法——米国の立場から●川合弘造●平家正博
    中国の知財保護・商業秘密と米国通商法——中国の立場から●道下理恵子
    [会社法判例速報]●弥永真生
    [労働判例速報]●橋本陽子
    [独禁法事例速報]●原悦子
    [知財判例速報]●田中浩之
    [租税判例速報]●田中治
    [新連載/BOOK TERRACE]至誠堂書店
    [連載/知的財産法とビジネスの種]〔第24回〕標準と特許●小栗久典
    [連載/相続と法実務]〔第7回〕遺留分制度と実務●藤原道子
    [連載/新時代の弁護士倫理]〔第10回〕刑事弁護の苦悩●石田京子●高中正彦●四宮啓●菅野亮
    刑事弁護倫理の機能と意義●岡田悦典
    司法取引と弁護士倫理●後藤昭
    [新法の要点]民事執行法の改正●青木哲
    [時論]「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針(グループガイドライン)」の意義●大杉謙一
    [最高裁時の判例]〔民事〕最二小判平成30・11・16●池原桃子/〔刑事〕最一小決平成29・12・25●三上潤
    [経済法判例研究会]公取委審判審決平成31・3・13●東條吉純
    [商事判例研究]名古屋高判平成29・8・31●梅村悠/東京高判平成28・5・25●大塚誠/東京高判平成30・9・26●高橋均
    [労働判例研究]テクノマセマティカル事件——東京地判平成29・2・24●CHANG Hanyu/甲総合研究所取締役事件——東京地判平成27・2・27●神吉知郁子
    [租税判例研究]最二小判平成29・12・15●木村弘之亮
    [渉外判例研究]東京地判平成26・10・17●福井清貴

    出版社:有斐閣

    販売開始日:2019年10月04日

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ FIX FIX FIX FIX FIX FIX FIX
    コピー&ペーストの可能量 20% 20% 20% 20% 20% 20% 20%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    有斐閣(編集)【特集】中国知財法のダイナミズム
    特集にあたって●小泉直樹
    中国知財訴訟の現状と課題●分部悠介●本橋たえ子
    専利法の改正状況●本間友孝
    中国における標準必須特許の差止め問題●Gu Xin
    改正中国商標法と今後の展望●岩井智子
    中国の知財権保護・技術移転と米国通商法——米国の立場から●川合弘造●平家正博
    中国の知財保護・商業秘密と米国通商法——中国の立場から●道下理恵子
    [会社法判例速報]●弥永真生
    [労働判例速報]●橋本陽子
    [独禁法事例速報]●原悦子
    [知財判例速報]●田中浩之
    [租税判例速報]●田中治
    [新連載/BOOK TERRACE]至誠堂書店
    [連載/知的財産法とビジネスの種]〔第24回〕標準と特許●小栗久典
    [連載/相続と法実務]〔第7回〕遺留分制度と実務●藤原道子
    [連載/新時代の弁護士倫理]〔第10回〕刑事弁護の苦悩●石田京子●高中正彦●四宮啓●菅野亮
    刑事弁護倫理の機能と意義●岡田悦典
    司法取引と弁護士倫理●後藤昭
    [新法の要点]民事執行法の改正●青木哲
    [時論]「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針(グループガイドライン)」の意義●大杉謙一
    [最高裁時の判例]〔民事〕最二小判平成30・11・16●池原桃子/〔刑事〕最一小決平成29・12・25●三上潤
    [経済法判例研究会]公取委審判審決平成31・3・13●東條吉純
    [商事判例研究]名古屋高判平成29・8・31●梅村悠/東京高判平成28・5・25●大塚誠/東京高判平成30・9・26●高橋均
    [労働判例研究]テクノマセマティカル事件——東京地判平成29・2・24●CHANG Hanyu/甲総合研究所取締役事件——東京地判平成27・2・27●神吉知郁子
    [租税判例研究]最二小判平成29・12・15●木村弘之亮
    [渉外判例研究]東京地判平成26・10・17●福井清貴

    ページトップへ