著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 法学教室 法学教室2019年7月号 法学教室2019年7月号【通常商品】

    ジャンル: 法律 資格

    法学教室2019年7月号【通常商品】

    価格:1,568円(1,426円+142円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:有斐閣(編集)有斐閣(編集)◆特集 講義・刑法の重要判例
    I 過失犯における結果回避可能性(最判平成15・1・24)…古川伸彦
    II 中立的行為による幇助(最決平成23・12・19)…曲田統
    III 名誉毀損罪における真実性の誤信(最決平成22・3・15)…嘉門優
    IV 親族相盗例の適用範囲(最決平成20・2・18)…田山聡美
    V 電子計算機使用詐欺罪における「虚偽」の情報(最決平成18・2・14)…渡邊卓也
    VI 放火罪における「公共の危険」(最決平成15・4・14)…佐藤輝幸
    【巻頭言】裁判員制度施行10年…川出敏裕
    【法学のアントレ】〔第28回〕きっと面白い「論文」の世界…栗田佳泰
    【法律用語のトリビア】〔第4回〕心裡留保——神学と法学の狭間で…石川博康
    【時の問題】水道法の改正——民営化と保障責任…板垣勝彦/プラットフォーマー型ビジネスに対するルール整備…泉水文雄
    ◆講座
    探検する憲法——問いから始める道案内〔第16回〕憲法はいかにして緊急事態に備えるのか…吉田俊弘/横大道聡
    スタンダード行政法〔第4回〕第1章 第4節 行政手続…村上裕章
    ケースで考える債権法改正〔第4回〕売買契約の解除…伊藤栄寿
    会社法判例——より深く学ぶ,考える〔第22回〕役員等の対第三者責任——最大判昭和44・11・26民集23巻11号2150頁の再検討…高橋陽一
    事例で考える民事訴訟法〔第16回〕判決によらない訴訟の終了…鶴田滋
    刑法事例の歩き方——判例を地図に〔第4回〕過剰防衛…佐藤拓磨
    【演習】憲法…安西文雄/行政法…高橋信行/民法…原田昌和/商法…今井克典/民事訴訟法…北村賢哲/刑法…亀井源太郎/刑事訴訟法…松田岳士
    【判例セレクトMonthly】原田一明/松本和彦/北島周作/坂田宏/酒井一/成瀬幸典/金子章

    出版社:有斐閣

    販売開始日:2019年07月05日

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ FIX FIX FIX FIX FIX FIX FIX
    コピー&ペーストの可能量 20% 20% 20% 20% 20% 20% 20%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    有斐閣(編集)◆特集 講義・刑法の重要判例
    I 過失犯における結果回避可能性(最判平成15・1・24)…古川伸彦
    II 中立的行為による幇助(最決平成23・12・19)…曲田統
    III 名誉毀損罪における真実性の誤信(最決平成22・3・15)…嘉門優
    IV 親族相盗例の適用範囲(最決平成20・2・18)…田山聡美
    V 電子計算機使用詐欺罪における「虚偽」の情報(最決平成18・2・14)…渡邊卓也
    VI 放火罪における「公共の危険」(最決平成15・4・14)…佐藤輝幸
    【巻頭言】裁判員制度施行10年…川出敏裕
    【法学のアントレ】〔第28回〕きっと面白い「論文」の世界…栗田佳泰
    【法律用語のトリビア】〔第4回〕心裡留保——神学と法学の狭間で…石川博康
    【時の問題】水道法の改正——民営化と保障責任…板垣勝彦/プラットフォーマー型ビジネスに対するルール整備…泉水文雄
    ◆講座
    探検する憲法——問いから始める道案内〔第16回〕憲法はいかにして緊急事態に備えるのか…吉田俊弘/横大道聡
    スタンダード行政法〔第4回〕第1章 第4節 行政手続…村上裕章
    ケースで考える債権法改正〔第4回〕売買契約の解除…伊藤栄寿
    会社法判例——より深く学ぶ,考える〔第22回〕役員等の対第三者責任——最大判昭和44・11・26民集23巻11号2150頁の再検討…高橋陽一
    事例で考える民事訴訟法〔第16回〕判決によらない訴訟の終了…鶴田滋
    刑法事例の歩き方——判例を地図に〔第4回〕過剰防衛…佐藤拓磨
    【演習】憲法…安西文雄/行政法…高橋信行/民法…原田昌和/商法…今井克典/民事訴訟法…北村賢哲/刑法…亀井源太郎/刑事訴訟法…松田岳士
    【判例セレクトMonthly】原田一明/松本和彦/北島周作/坂田宏/酒井一/成瀬幸典/金子章

    ページトップへ