著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 リスク学事典 リスク学事典【通常商品】

    ジャンル: 社会学 宇宙・地球科学 経営・会計

    リスク学事典【通常商品】

    価格:24,200円(22,000円+2,200円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:日本リスク研究学会 編日本リスク研究学会 編【底本発行日:2019/06/30】
    人文科学、自然科学、社会科学など多様な分野のリスクに対峙してきたリスク学は、それぞれの学問分野ごとに独自のリスク概念が取り上げられてきた経緯から、これまで単一の学問体系は存在していなかった。しかし、世界の相互接続性、相互依存性の高まりから異なるリスク同士の結合も例外ではなく、それらを横断的に俯瞰できる試みが求められるようになってきた。本事典は、中項目事典の体裁をとることで、それらリスク学を構成する各分野の相互連関性を分かりやすく把握できる。また、東日本大震災、リーマンショック、女性や性的マイノリティの社会的排除など、現代的な問題に起因するリスクも大々的に扱った章立てとなっている。一人ひとりの市民が様々なリスクに直面する現代にあって、その把握し共生していくための必読書である。

    出版社:丸善出版

    販売開始日:2019年09月18日

    ISBNコード:978-4621303818

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ FIX FIX FIX FIX FIX FIX FIX
    コピー&ペーストの可能量 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    日本リスク研究学会 編【底本発行日:2019/06/30】
    人文科学、自然科学、社会科学など多様な分野のリスクに対峙してきたリスク学は、それぞれの学問分野ごとに独自のリスク概念が取り上げられてきた経緯から、これまで単一の学問体系は存在していなかった。しかし、世界の相互接続性、相互依存性の高まりから異なるリスク同士の結合も例外ではなく、それらを横断的に俯瞰できる試みが求められるようになってきた。本事典は、中項目事典の体裁をとることで、それらリスク学を構成する各分野の相互連関性を分かりやすく把握できる。また、東日本大震災、リーマンショック、女性や性的マイノリティの社会的排除など、現代的な問題に起因するリスクも大々的に扱った章立てとなっている。一人ひとりの市民が様々なリスクに直面する現代にあって、その把握し共生していくための必読書である。
    <第一部 リスク学の射程>/第1章 リスクを取り巻く環境変化/<第二部 リスク学の基本>/第2章 リスク評価の手法:リスクを測る/第3章 リスク管理の手法:リスクを最適化する/第4章 リスクコミュニケーション:リスクを対話する/第5章 リスクファイナンス:リスクを移転する/<第三部 リスク学を構成する専門分野>/第6章 環境と健康のリスク/第7章 社会インフラのリスク/第8章 気候変動と自然災害のリスク/第9章 食品のリスク/第10章 共生社会のリスクガバナンス/第11章 金融と保険のリスク/<第四部 リスク学の今後>/第12章 リスク教育と人材育成、国際潮流/第13章 新しいリスクの台頭と社会の対応

    「日本リスク研究学会 編」の最新タイトル

     

    ページトップへ