著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 ジョン・ロックの道徳哲学 ジョン・ロックの道徳哲学【通常商品】

    ジャンル: 哲学・思想

    ジョン・ロックの道徳哲学【通常商品】

    価格:5,616円(5,200円+416円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:佐々木 拓 著佐々木 拓 著【底本発行日:2017/09/30】
    十七世紀英国の哲学者、ジョン・ロック(John Locke, 1632-1704)。彼の名声に比して、その道徳論はこれまで正確に評価されてこなかったように思えます。 本書は、道徳論の核心を、主著『人間知性論』の中に見出し、これまでは道徳との関係から論じられてこなかった、ジョン・ロックの自由論、人格同一性論を道徳論の中で解釈し、これまで光の当たらなかったサンクションの視点から捉え直すことを目指しまとめられました。本書は、序章を除き全7章で構成されています。第2章では、道徳の論証可能性テーゼの理解の確認、第3章と第4章では、ロックの自由(意志)論に突きつけられた問題の解決を目指します。第5章では、ロックの動機付け理論、第6章では、ロックの人格同一性論を批判から擁護し、その整合性を示すこと、ロックの理論が実際の基準として問題なく機能することを示しています。最後の第7章では、これまでの議論をふまえ、ロックの自由論を道徳の領域の中に積極的に位置づける理由が示されています。これら論考は奥深く魅力的なロック哲学への誘いであり、また、現代の道徳哲学を解きほぐす道標となる一冊といえます。

    出版社:丸善出版

    販売開始日:2018年03月14日

    ISBNコード:978-4621302002

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ FIX FIX FIX FIX FIX FIX FIX
    コピー&ペーストの可能量 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    佐々木 拓 著【底本発行日:2017/09/30】
    十七世紀英国の哲学者、ジョン・ロック(John Locke, 1632-1704)。彼の名声に比して、その道徳論はこれまで正確に評価されてこなかったように思えます。 本書は、道徳論の核心を、主著『人間知性論』の中に見出し、これまでは道徳との関係から論じられてこなかった、ジョン・ロックの自由論、人格同一性論を道徳論の中で解釈し、これまで光の当たらなかったサンクションの視点から捉え直すことを目指しまとめられました。本書は、序章を除き全7章で構成されています。第2章では、道徳の論証可能性テーゼの理解の確認、第3章と第4章では、ロックの自由(意志)論に突きつけられた問題の解決を目指します。第5章では、ロックの動機付け理論、第6章では、ロックの人格同一性論を批判から擁護し、その整合性を示すこと、ロックの理論が実際の基準として問題なく機能することを示しています。最後の第7章では、これまでの議論をふまえ、ロックの自由論を道徳の領域の中に積極的に位置づける理由が示されています。これら論考は奥深く魅力的なロック哲学への誘いであり、また、現代の道徳哲学を解きほぐす道標となる一冊といえます。
    序章 ロック道徳哲学の背景と本書の目的/第一章 ロック哲学への誘い、自由論、そして人格同一性論/第二章 道徳の論証はいかにして可能か/第三章 ロック自由論における内在的矛盾とその解決/第四章 有意的でありながら自由ではない行為は可能か/第五章 ロック哲学における動機づけの力—幸福、欲求、そして落ちつかなさ/第六章 帰責の観点から眺める人格同一性/第七章 サンクションの帰属要件としての自由

    「佐々木 拓 著」の最新タイトル

     

    ページトップへ