著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 目に見えない傷——ドメスティック・バイオレンスを知り、解決するために 目に見えない傷——ドメスティック・バイオレンスを知り、解決するために【通常商品】

    ジャンル: 社会学

    目に見えない傷——ドメスティック・バイオレンスを知り、解決するために【通常商品】

    価格:4,950円(4,500円+450円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:レイチェル・ルイーズ・スナイダー(著)庭田よう子(訳)レイチェル・ルイーズ・スナイダー(著)庭田よう子(訳)【底本発行日:2020/06/16、底本版数:1、底本刷数:1】
    ドメスティック・バイオレンスは世界中で深刻な被害をもたらしている。けれども、何が問題の本質なのか、そもそも何が起こっているのか、理解されているとはいえない。
    著者は、被害者、加害者、双方の家族、支援組織のアドボケイト、警察官などに会い、話を聞いていく。ひとは被害者に「なぜ逃げないのか」と問うが、被害者は加害者といることを選択しているのではなく、現行制度のなかで最大の警戒をしながら動いている。加害者はパートナーの日常をコントロールし、力を喪失させる。制度の隙間は事態を深刻化させる。取材するうち、そうしたことが分かってくる。
    警察、支援組織、法執行機関という、異なる価値観に基づく組織の連携をどうとるか。DVの危険度を判定する基準をどうつくり、共有するか。被害者が仕事や人間関係を失わずに生活をするためのプログラムとは。
    何年もかけた取材によって、外からは見えにくいDVの実態を明らかにし、解決への糸口を示した本として、アメリカで高い評価を得た。

    出版社:みすず書房

    販売開始日:2020年06月30日

    ISBNコード:978-4622088967

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ リフロー リフロー リフロー リフロー リフロー リフロー リフロー
    コピー&ペーストの可能量 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    レイチェル・ルイーズ・スナイダー(著)庭田よう子(訳)【底本発行日:2020/06/16、底本版数:1、底本刷数:1】
    ドメスティック・バイオレンスは世界中で深刻な被害をもたらしている。けれども、何が問題の本質なのか、そもそも何が起こっているのか、理解されているとはいえない。
    著者は、被害者、加害者、双方の家族、支援組織のアドボケイト、警察官などに会い、話を聞いていく。ひとは被害者に「なぜ逃げないのか」と問うが、被害者は加害者といることを選択しているのではなく、現行制度のなかで最大の警戒をしながら動いている。加害者はパートナーの日常をコントロールし、力を喪失させる。制度の隙間は事態を深刻化させる。取材するうち、そうしたことが分かってくる。
    警察、支援組織、法執行機関という、異なる価値観に基づく組織の連携をどうとるか。DVの危険度を判定する基準をどうつくり、共有するか。被害者が仕事や人間関係を失わずに生活をするためのプログラムとは。
    何年もかけた取材によって、外からは見えにくいDVの実態を明らかにし、解決への糸口を示した本として、アメリカで高い評価を得た。
    はじめに
    第一部 結末
    1 彼女たちは家に残る
    2 出会い
    3 何を見落としていたのか
    4 日常生活をコントロールされる
    5 熊が来る
    6 土壇場での努力
    7 愛した人に命を奪われる
    8 世界はもはや同じではない
    9 何もしなければ何も変わらない
    10 力の喪失
    第二部 始まり
    1 バタラー介入プログラム
    2 刑務所でのプログラム
    3 キレるというフィクション
    4 加害者のナルシシズム
    5 被害者に依存する
    6 警官の対応
    7 面会
    8 脱落者
    第三部 その狭間に
    1 制度の隙間
    2 エンパワメントには主権が必要
    3 ハイリスクチームの戦略
    4 被害者を訪ねる
    5 死んだふりをする
    6 自由への道
    7 影のような存在
    あとがき
    謝辞
    あとがき(ペーパーバック版)
    原註

    「レイチェル・ルイーズ・スナイダー(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ