著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 人体は流転する——医学書が説明しきれないからだの変化 人体は流転する——医学書が説明しきれないからだの変化【通常商品】

    ジャンル: 医学

    人体は流転する——医学書が説明しきれないからだの変化【通常商品】

    価格:3,740円(3,400円+340円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:ギャヴィン・フランシス(著)鎌田彷月(訳)原井宏明(監修)ギャヴィン・フランシス(著)鎌田彷月(訳)原井宏明(監修)【底本発行日:2020/04/10、底本版数:1、底本刷数:1】
    〈生きていることは、終わりのない身体変容のただなかにいることだ。成長し回復しながら、適応し老化しながら、わたしたちのからだはどうしてもかたちを変えてゆく——そして、睡眠や記憶や学習によって、心も変わりゆく〉
    生まれくること、死にゆくこと。それは始まりと終わりを意味するのではなく、どちらも人体が変わりつづけるプロセスにすぎない。それでも私たちは、古来より生と死に区切られた儚い時間のすべてを費やして、変化する身体とそれを受容する心を育みつづけてきた。
    スコットランドの家庭医・フランシスの診療所にも、毎日のように変化に直面する人びとがやってくる。13歳で身ごもった少女、筋肉増強に魅せられた男性、新しい性別で生きることを決意した学者——。
    今日、医学は私たちの身体をコントロールすることにおいて前例のない力を持っているが、その力にも限界がある。私たちは、けっして避けることのできない「変わりゆく自分」とどう共生してゆけばよいのだろうか。患者たちとのエピソードに、歴史・芸術・文学・神話の知識を織り交ぜながら鮮やかに描く、臨床医学的博物誌・第2弾。

    出版社:みすず書房

    販売開始日:2020年04月24日

    ISBNコード:978-4622088905

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ リフロー リフロー リフロー リフロー リフロー リフロー リフロー
    コピー&ペーストの可能量 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    ギャヴィン・フランシス(著)鎌田彷月(訳)原井宏明(監修)【底本発行日:2020/04/10、底本版数:1、底本刷数:1】
    〈生きていることは、終わりのない身体変容のただなかにいることだ。成長し回復しながら、適応し老化しながら、わたしたちのからだはどうしてもかたちを変えてゆく——そして、睡眠や記憶や学習によって、心も変わりゆく〉
    生まれくること、死にゆくこと。それは始まりと終わりを意味するのではなく、どちらも人体が変わりつづけるプロセスにすぎない。それでも私たちは、古来より生と死に区切られた儚い時間のすべてを費やして、変化する身体とそれを受容する心を育みつづけてきた。
    スコットランドの家庭医・フランシスの診療所にも、毎日のように変化に直面する人びとがやってくる。13歳で身ごもった少女、筋肉増強に魅せられた男性、新しい性別で生きることを決意した学者——。
    今日、医学は私たちの身体をコントロールすることにおいて前例のない力を持っているが、その力にも限界がある。私たちは、けっして避けることのできない「変わりゆく自分」とどう共生してゆけばよいのだろうか。患者たちとのエピソードに、歴史・芸術・文学・神話の知識を織り交ぜながら鮮やかに描く、臨床医学的博物誌・第2弾。
    守秘義務にかんする覚え
    1 変わりゆくものを見つけに
    2 狼人間 満月に激越をきたす
    3 懐胎 存在する理由その一と二
    4 睡眠 夢のありか
    5 ボディビルディング たぎる血の行方
    6 頭皮 角と恐怖と栄光と
    7 誕生 心臓を手直し
    8 若返り 若さと美しさの錬金術
    9 タトゥー 変貌の術
    10 拒食症 自制にとらわれて
    11 幻覚 魔境をかいま見る
    12 思春期 大人へのフルスロットル
    13 妊娠 この上なく行き届いたわざ
    14 巨人症 トリノにそびえし者たち
    15 ジェンダー テイレシアスを生きる
    16 体内時計 脳のたもつ空
    17 接骨 治療という解を求めて
    18 更年期 女神の三つめの顔
    19 去勢 希望と愛と犠牲と
    20 笑い 徳は涙のそばに
    21 義肢 ヒューマニティ2.0
    22 記憶 忘却の宮殿
    23 死 生の祝福
    24 変わりゆく世界に抱かれて
    謝辞
    訳者あとがき
    図版リスト
    出典および訳註

    ページトップへ