著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索 詳細検索

    通常商品 ナチス 破壊の経済 下——1923-1945 ナチス 破壊の経済 下——1923-1945【通常商品】

    ジャンル: 経済

    ナチス 破壊の経済 下——1923-1945【通常商品】

    価格:5,184円(4,800円+384円)

    買い物カゴへ 買い物カゴを見る

    商品を買い物カゴに入れました

    買い物カゴに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:アダム・トゥーズ(著)山形浩生(訳)森本正史(訳)アダム・トゥーズ(著)山形浩生(訳)森本正史(訳)【底本発行日:2019/08/08、底本版数:1、底本刷数:1】
    「過去20年間で出版された、もっとも重要かつオリジナリティあふれる第三帝国についての書だ」
    ——ニーアル・ファーガソン(『キッシンジャー』)
    「軍事戦略史と、経済史を生みだす洞察を、非常に読みやすいかたちで調和させている」
    ——『エコノミスト』誌
    「さまざまな先入観を打ち砕く傑作だ」
    ——ベルトラン・ベノワ 『フィナンシャル・タイムズ』紙
    「経済史が持つ説得力を見事に示している」
    ——ハワード・デイヴィーズ 『タイム』誌
    「本書のすべてのページに、新鮮かつ示唆に富む内容が含まれていると言ってもいい」
    ——マイケル・バーリー 『サンデー・タイムズ』紙
    下巻では、西部戦線の開戦(1940)から、バルバロッサ作戦、ジェノサイド、シュペーアによる軍備の奇跡、そして敗戦(1945)までを扱う。

    二正面戦争に突入したドイツが、いかにして雪のロシアまで戦争活動を巧みに維持したのか、占領した東欧とロシアの資源をナチはどのように利用しようとしていたのか、ホロコーストの経済的側面の全貌とはどのようなものだったのか、「シュペーアの奇跡」の実態とは。破壊に向かって突き進む総動員経済の終幕を描く。

    出版社:みすず書房

    販売開始日:2019年08月16日

    ISBNコード:978-4622088134

     

    本商品は「専門書学習ビューア」で
    ご利用いただけます。

    アプリのダウンロードはこちら
     
     
    対応デバイス PC PC iPhone(iPod touch) iPad AndroidS AndroidM AndroidL
    コンテンツタイプ リフロー リフロー リフロー リフロー リフロー リフロー リフロー
    コピー&ペーストの可能量 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%

    コンテンツタイプ「DRM付PDF」について
    ※DRM処理がされたPDFファイルとなりますので、「VarsityWave eBooks」アプリでのみお読みいただくことが可能となっております。

    対応デバイスについて

    閲覧期限について
    書名の末尾に【レンタル商品】と記載がある商品は、電子書籍の利用期間に制限があります。購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    なお【レンタル商品】ご利用中に作成したアノテーションは利用期間終了後も保存しており、利用期間終了後【差額商品】を購入いただくとアノテーションは引き続きご利用いただけます。
    ※ただしアノテーションの保存期間は別途利用規約で規定しております。

    ビューア機能の違いについて

    コンテンツタイプの違いについて
    【PDF】電子書籍のレイアウトが固定されています。拡大表示時には本文・図などが拡大され、画面からはみ出して表示します。
    【リフロー】拡大表示時には文字サイズが拡大され、文字サイズに合わせて表示レイアウトが変更されます。
    【辞書形式】通常の電子書籍としてご利用いただけるほか、ビューアアプリの辞書連携機能の連携先として利用いただけます。

    商品形態の違いについて
    ご覧いただいている商品は【通常商品】、【レンタル商品】、【差額商品】が設定されております。
    【通常商品】は購入いただくと利用期間に制限なくご利用いただけます。
    【レンタル商品】は利用期間に制限があり、購入日から記載されている期間のみご利用いただけます。
    【差額商品】は【レンタル商品】を購入した方のみ購入でき、【差額商品】を購入いただくことで【通常商品】と同様に利用期間に制限なくご利用いただけるようになります。

     
    アダム・トゥーズ(著)山形浩生(訳)森本正史(訳)【底本発行日:2019/08/08、底本版数:1、底本刷数:1】
    「過去20年間で出版された、もっとも重要かつオリジナリティあふれる第三帝国についての書だ」
    ——ニーアル・ファーガソン(『キッシンジャー』)
    「軍事戦略史と、経済史を生みだす洞察を、非常に読みやすいかたちで調和させている」
    ——『エコノミスト』誌
    「さまざまな先入観を打ち砕く傑作だ」
    ——ベルトラン・ベノワ 『フィナンシャル・タイムズ』紙
    「経済史が持つ説得力を見事に示している」
    ——ハワード・デイヴィーズ 『タイム』誌
    「本書のすべてのページに、新鮮かつ示唆に富む内容が含まれていると言ってもいい」
    ——マイケル・バーリー 『サンデー・タイムズ』紙
    下巻では、西部戦線の開戦(1940)から、バルバロッサ作戦、ジェノサイド、シュペーアによる軍備の奇跡、そして敗戦(1945)までを扱う。

    二正面戦争に突入したドイツが、いかにして雪のロシアまで戦争活動を巧みに維持したのか、占領した東欧とロシアの資源をナチはどのように利用しようとしていたのか、ホロコーストの経済的側面の全貌とはどのようなものだったのか、「シュペーアの奇跡」の実態とは。破壊に向かって突き進む総動員経済の終幕を描く。
    第二部 ヨーロッパの戦争(承前)
    11 西部での勝利──Sieg im Westen
    12 イギリスとアメリカ──ヒトラーの戦略的ジレンマ
    第三部 世界戦争
    13 二つの戦争に同時に備える
    14 人種戦争という大戦略
    15 1941年12月──転回点
    16 労働、食糧、ジェノサイド
    17 アルベルト・シュペーア──「奇跡の男」
    18 疑念の余地なし
    19 崩壊
    20 終末
    訳者あとがき
    原注/補遺 補足データ/図一覧/表一覧/口絵クレジット

    ページトップへ